無料で活用! お祈りまとめ

PR




Pocket

お祈りの口コミ情報やレビューを紹介、お気に入り商品を見つけましょう

東京へ観光に行ってから早一週間・・・信じられない程に時間の早さを感じてしまう。 2日目も寒かったけど天気に恵まれました京急ホテルExに荷物を預けたまま築地へ向かいました。友達が目に止まった建物へ行ってみると、そこは築地本願寺でした。立派なお寺でしたお祈りもしてきました。外国の方が沢山なのにビックリ   そして築地へ・・・  築地では外国の方がほとんどで食べ歩き用のインスタ映えしそうな食が沢山ありましたこうゆう所に来ると血がざわついてテンション上がりまくり東京へ来て初めてお土産を購入江戸一と言う佃煮屋さんです。どれも美味しかったそうで(友達に味見してもらいました)4個1000円で14袋も購入してしまいましたキスの骨せんべいってあまり見かけないので友達のお土産に購入わかさぎのやわらか煮もお土産用に購入これだけでテンション上がっちゃって楽しかった~~~  この後浅草へ・・・人が一杯で写真もあまり撮れませんでした  少し曇っていたので暗いですが、この時間帯のスカイツリーもステキ  仲見世を観光して、お参りをした後軽くご飯を食べ、夜に備えて秋葉原にあるホテルにチェックインしました東京の地下は凄まじく長いです大阪とは比べ物にならないホテルは24階でスカイツリーが良く見えました粋色でしたよん。比べてみました。今回2色見れて良かった 午前も、色々観光しましたそして今回一番の目的であるイルミネーションへ・・・つづく中々UPできない    

お祈り限定品ショップ

こんにちは。
いつも私の拙いブログを見てくれたりいいねしてくださり誠にありがとうございます。
ルディク姉妹。彼女たちもベスランの犠牲者。
☆過去のベスランの犠牲者ブログ。過去の「ベスランの犠牲者ブログ」はすべて「ベスラン」というテーマにまとめてる。
今までの「犠牲者ブログ」も「ベスラン」というテーマでまとめてるのでそちらをもご覧ください。
今後も「犠牲者ブログ」を書くときは「ベスラン」でまとめる。
☆ベスラン学校襲撃11月13日の「ベスラン」というテーマにある「ベスラン学校襲撃とは?」というブログをご覧ください。
ロシア。北オセチア共和国、ベスラン市。
2004年9月1日、水曜日。
市で一番大きな「ベスラン学校」で入学式が行われていた。
入学式はロシアでは物凄く大事なイベントだ。
生徒は誰もがおめかしをする。花を抱える。
そこにいたのが生徒の
ユリア・ルディクYulia Rudik(1990年9月19日生まれの13歳)

ヤーナ・ルディクYana Rudik(1992年5月10日生まれの12歳)
ユリアとヤーナは姉妹だ。
しかし悲劇が起きた。9時15分。
ベスラン学校を 首謀者であるシャミル・バサエフ(チェチェン人)とチェチェン人テロリスト32人が占拠。
「我がチェチェンからロシア軍を撤退させろ!」これがやつらの要求。ロシア軍を撤退させ、最終的にはチェチェンが国として独立、がやつらの願い。
・生徒・生徒の家族や親戚・教師
合計1181人が人質。
テロリストは体育館に人質1181人をに閉じ込めた。
1181人は、3日間つまり72時間。蒸し暑く狭い体育館に閉じ込められたのに水分補給や排泄は一切許されなかった。
1181人はずっと怯えながら座り込んでいた。
水飲み場は破壊された。水を飲むために体育館から逃げ出した小さな子がいたから。でも彼女はテロリストに撃たれた。
ユリアもヤーナも可愛い子。派手な背景の写真で、髪飾りをつけてはにかんでる色白の女の子がユリア。質素な背景の写真で、ミルクティ色の髪を結っている女の子がヤーナ。
入学式にはルディク姉妹の母親であるラリサ(Larisa)も来ていた。ラリサは1972年9月30日生まれの31歳だ。ラリサは17歳でユリアを産んだ。
9月3日。
特殊部隊がベスラン学校へ突入。テロリストがそのとき人質めがけ銃乱射。特殊部隊vsテロリストの撃ち合い。
13時4分。テロリストは体育館を爆破。
テロリストに撃たれ?爆破に巻き込まれて?瓦礫の下敷き?
理由はどれだかわからないけど
9月3日
ユリアもヤーナも
亡くなった。
同じく母親のラリサも
亡くなった。
ラリサの旦那さんであるセルゲイさん(ルディク姉妹のお父さん)は無事だった。
(ルディク姉妹の祖母、リディヤは当時ベスラン学校にいなかった。)
仲睦まじい親子を仲睦まじい兄弟姉妹を家族の団欒をチェチェン人は嫌ってるのかな?だから攻撃するのかな?
ユリアはもうすぐで14歳だった。ユリアは誕生日をむかえることすら許されなかったんだね。
ラリサだって9月生まれでもうすぐで32歳だったのに。若すぎるよ。
ヤーナは5月で生まれ私と同じ。ヤーナは12歳。まだ小学生なんだよ、、、。
愛する妻と娘を失ったセルゲイさんだって悲しいよ。なんで家族を奪われなきゃならないの?
憎き同胞に世界中のテロリストたちに「殺戮をやめろ!」「殺戮を止めない者に未来はない!」「こんなことをしても誰も喜ばない!」と訴えるチェチェン人
「ベスランの犠牲者」のために涙し花を捧げるチェチェン人
「ベスランの犠牲者」の顔写真を見て涙を流してくれるチェチェン人
平和を祈り殺戮にも差別にも反対し弱きを愛し、守るチェチェン人
武器を捨て、暴力をやめ両手を広げ、泣いてる子たちに怯えてる子たちに優しく問いかけるチェチェン人
本当にいるのかな?私は一切見たことも聞いたこともないけれど。
でもそれは私がまだ「知識不足」だからだよね。私は学ぶことが大好きだけど天才でも神童でもない。
辞書みたいになんでも知ってるわけじゃない。
この前は言い過ぎてごめんなさい。本当にごめんなさい。罵詈雑言を浴びせたって世界は変わらないのにね。
もう本当に悲しい。テロなんてなくなってほしいよ。みんな平和がいいよ。
ベスランの犠牲者の顔を見てるだけで家族のエピソードを聞くだけで心が痛くて泣きそうになる。
仲睦まじかったルディク姉妹。思いやりに溢れたルディク姉妹。優しく美しいルディク姉妹。愛してる。
ラリサ・ルディク。あなたは本当に偉大だ。若くしてユリアとヤーナを産んだ。若くして真面目に育児しながら働いた。あなたは母親としてそして人として立派だ最高だ。良妻賢母ラリサ・ルディク。あなたを尊敬する。
ルディク姉妹と母ラリサへご冥福をお祈りいたします。
ベスランで亡くなった334名へご冥福をお祈りいたします。
ベスランのようなテロはどこの国でもいつの時代でも起きてほしくない。起きてはならない。起こしてはならない。
黒人も白人も東洋人もアボリジニもみんな仲良く手を繋ぎ合おうよ。
黒人も白人も東洋人もアボリジニもみんな蔑むのではなく褒め合おうよ。
黒人も白人も東洋人もアボリジニもみんなでシャボン玉飛ばそう!
命と自然に感謝しよう!今日も平和を祈ろう!悲しみより喜びを増やそう!
ルディク姉妹は仲睦まじい!ラリサは偉大!
ルディク姉妹は永久に仲良しなんだよ。
そして
ラリサは天国から世界中の子供を見守ってる。
ラリサが望むのは世界中の子供が平和に暮らすこと。

PR




コメントは受け付けていません。