お祈りを通販サイトで検索、頑張った自分へのご褒美にもいいのではないでしょうか

PR




Pocket

ぼくらのお祈り戦争

「神風や―の葉を取りかはしうちとの宮に君をこそ祈れ」古今和歌集(1205)
訳)玉串として榊葉を取り挿頭として髪に挿し内宮、外宮に他ならぬ我が君の幾千代をお祈りしますよ。
訳)玉串の葉を手に取りかざしながら神風の吹く伊勢の内宮外宮にわが君の千代八千代をお祈りするよ。
千代に八千代に…

玉串の「玉」は、神霊の意味があり「串」は天津罪の串刺の例のように物に刺し複数を一つに繋ぐものですが神道での玉串は、神様の御霊と自分の御霊を繋ぐものだと教わりました。

此方は以前、書道の街春日井にありますヤマトタケルが祀られる内々神社にて例祭を開いて頂き書を奉納させて頂いた時のお写真になります。
玉串奉典
さておき玉串料や初穂料は神様へのお供えでありますがそれを裸銭や銀行の袋や封筒に入れてお供えするのは無作法です。

どうぞ玉串料は祝儀袋に入れてお供え下さいますように。
◆以下、神社本庁より
玉串は神前にお供えするものとして、米・酒・魚・野菜・果物・塩・水等の神饌と同様の意味があると考えられています。しかし、神饌と異なる点は、玉串拝礼という形で自らの気持ちをこめて供え、お参りをするということです。勿論、神饌も注意して選び、心をこめてお供えをしますが、玉串は祭典の中で捧げて拝礼することから、格別な意味を有するものであることが分かります。『神社祭式同行事作法解説』(神社本庁編)では玉串を捧げることを「玉串は神に敬意を表し、且つ神威を受けるために祈念をこめて捧げるものである」と説明されています。玉串の由来は、神籬(ひもろぎ)とも関連して『古事記』の天の岩戸(あまのいわや)隠れの神話に求められるものといわれています。すなわち天照大御神の岩戸隠れの際に、神々がおこなった祀りでは真榊に玉や鏡などをかけて、天照大御神の出御を仰いだことが記されています。その語源には幾つかの説があり、本居宣長(もとおりのりなが)は、その名称の由来を神前に手向けるため「手向串(たむけぐし)」とし、供物的な意味を有するものと解しています。また平田篤胤(ひらたあつたね)は、本来は木竹(串)に玉を着けたものであったために「玉串」と称したと述べています。このほか、六人部是香(むとべよしか)は真榊が神霊の宿ります料として、「霊串(たまぐし)」の意があるなどとしています。こうしたことから玉串は神籬と同様に神霊を迎える依代であり、また玉串を捧げて祈る人の気持ちがこめられることにより、祀られる神と祀る人との霊性を合わせる仲立ちとしての役割を果たす供物であるということができるのではないでしょうか。

今押さえておくべきお祈り関連サイト15個

みなさま こんにちは 「るりのわ」蚕与音(ことね)Blogへお越しいただき誠にありがとうございます。 初めての皆様もどうぞよろしくお願いいたします。  古民家へ引っ越してから、今まで鉢植えで育てていたオリーブに加えて新しいオリーブを合わせて計2本のオリーブの樹を花壇へ植えましたが、新芽が出てきて順調に育っています*オリーブが2本になって仲間ができたことで、今まで一人ぼっちだったオリーブの樹はとても喜んでいました^^ 家の横の椿も綺麗な花が咲いて、美しい色合いでお庭を彩っています。 そして、我が家のニャコズたちは、、女の子同士、仲良く集まってお昼寝です。ベガねえちゃん、ククリの姉御のお姉さん猫に挟まれて幸せそうな末っ子のリラ。 猫の多頭飼いでは猫ちゃんの性格によって相性があったりしますが、里親として迎え入れたリラっこは物怖じせず、人も猫も大好きで、先住猫皆と仲良しになりました。 無邪気なニャコズの寝姿を見ているとあぁ、このもふもふの中へ潜り込みたいなぁ*と微笑ましく思いますが、猫の寝姿は心を和ませ、ぽやや?んと眠気を誘ってきますね^^  *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ そして! 本日は毎週末恒例の「神々の息吹」です。 お時間のよろしい皆様はぜひご覧くださいませ*  「神々の息吹」では、糸魚川翡翠を中心とした糸魚川産の「精霊の宿り石」の勾玉、大珠、たれ飾りなどを限定1点のみでご紹介させていただきます。(※週末企画として、毎週末土曜または日曜午後にブログアップをしております。) スピリットが宿る「精霊の宿り石」の場合、
石に宿るスピリットとお持ち主さまとなる方の魂が
過去生からの深い繋がりがあることも多く、
画像から何かしらのインスピレーションやビジョンなどを感じてくださる方も
いらっしゃることと思います。

石の声を聞き、スピリットが発するメッセージを受け取ってご紹介をさせていただいております
ので、ピンとくるものがございましたらご遠慮なくお申し付けください* ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? 日本産の石はエネルギーもピュアで素晴らしいものがたくさんありますが、特に糸魚川翡翠をはじめとした糸魚川産の石たちは日本の大地のエネルギーを宿し、太古の神々の強いメッセージを秘めています。 数千年の時を超えて様々なメッセージとともに装飾品や護符などとなり私たちに語りかけています。 お前たちは何処へいく 何処へ向かう 糸魚川翡翠は古来より勾玉や大珠に加工をされ、祭祀などに用いられてきましたが、糸魚川の石をお守りとして身につけていただいた時には、その石に秘められた息吹をきっと魂で感じていただけることと思います。 るりのわでご紹介させていただく糸魚川産の石たちは、着色などの人工的な化学処理は一切していない「ナチュラル ナチュラル」を使い私が信頼している職人さん手磨きの品とるりのわでデザイン、加工したものとの二種類を基本に扱っております。 糸魚川翡翠など糸魚川産の石は色味も質もじつに様々ですが、そのなかでも特にエネルギーが高く希少な「精霊の宿り石」のみを厳選させていただき、品質、波動ともに自信を持っておすすめできるものをブログ上にてご紹介をさせていただきますので、本当にいい翡翠を持ちたい方や勾玉などを護符として身につけたい方などはぜひご覧いただけると幸いです* ※全て一点ものでのご紹介となり、お申し込みは先着順となりますことをあらかじめご了承のほどをお願い申し上げます。  *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 糸魚川翡翠 三色翡翠勾玉御魂を癒す原始の神※追記…ご縁が結ばれました。産地:糸魚川サイズ(約):縦5.4cm×横3.3cm×厚み2cm ※実際の色味になるよう自然光で撮影していますが、色合いが繊細で撮影するのが大変難しい天然石のため、ご覧いただくブラウザや画面設定(輝度や色設定)によっては若干色味が違って見えることがありますので何卒ご了承くださいませ。  毎週末の「神々の息吹」では、毎回、スピリットが宿る厳選した糸魚川産の翡翠や桃れん石をご紹介させていただいておりますが。。。今回は、とーっても貴重で大変珍しい「三色翡翠」のご紹介をさせていただきますヾ(@°▽°@)ノ画像では綺麗に見えているかな??とちょっと心配ですが、綺麗な白地にラベンダー、アップルグリーンの3色が一つの勾玉の中に美しく入り混じっています*(翡翠の繊細な色合いは写真でなかなかうまくお伝えできませんが、肉眼で見るととっても綺麗な子です。) 翡翠はこのように一色だけでなく複数の色が入り混じったものも産出します(とても数は少ないのですが)、異なる色が一個の勾玉として削り出される。というのはとても神秘的で、それでけでも奇跡なようなものだと私は思います。光にかざしますと、、このように乳白色の地ににほんわかとラベンダーが浮かび上がってきますね。 とっても美しいです*尾っぽと背面、お腹、頭の複数箇所に綺麗なアップルグリーンが点在しています。 どの角度から見ても見飽きないとても情緒ある勾玉です。サイズは約5.4㎝と大きめの子ですが、非常にエネルギーが高いのでご家庭全体のお守り石として、会社や企業のお守り石として、神棚などに置いてくださっても良いと思います。 それでは、この翡翠に宿るスピリットさんのリーディング内容のご紹介です。  *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 手に持ってリーディングを始めるとハートチャクラにじんわりと入ってくるエネルギーとサードアイに引っ張られるような感覚の二つのエネルギーが一気に感じられました。 ハートで感じるものはとても心地よく細やかな振動で、なんだかマッサージをされているようです。(実はここ数日、喉が痛く、胸筋や肺が疲れていましたから、ヒーリングをしてくれたようです。) 水の中で細かな砂利を転がしているような、砂浜に寝転んで温まっているような、とても心地よいエネルギーです。そして、サードアイでは両目の中央から前髪の生え際にかけて引っ張られるような感覚と吸い込むような感覚の二つがあります。 これは、エネルギーの美しい存在などに触れたり霊的感性を使おうとするとなることが多いのですが今回は、この勾玉の美しいエネルギーに触れたことで私の魂が喜び歓喜してそうなったのだと感じました。勾玉はサードアイを活性化させるだけでなく、サードアイから発するエネルギーの色も変化をもたらしたようです。 そのままリーディングを続けていますと異次元の扉の前に私は立っていました。 扉はすでに開いていて向こうには一面の
花畑。ポピーの花にも似ていますがちょっと違うようです。 その地面には、ハートで感じた、心地よい感覚と同じ細かな砂利が敷き詰めてあり、その上には綺麗な水が流れていました 水は砂利から1㎝くらい上までしかありませんが、とても清らかで湧き水のようです。私はその花畑を素足で歩いていきます。すると、すぐそこ、目の前に 真っ白で豊かな髪の少女とも少年ともいえる雰囲気の存在がいました。 このスピリットさんは私を真っ直ぐに見つめています。 足はひづめを持った動物のようで真っ白で柔らかそうな体毛に覆われて目はアクアマリンのように透き通った空色でした。  彼(彼女)はとても優しく慈愛に満ち、そして気高い存在です。
少し恥ずかしがり屋かもしれませんね。

ギリシャ神話ではゼウスとニュムペーの子「パーン」や、創生神話では大地「ガイヤ」と天「ウーラノス」を生み出した存在とも言われているものがありますが、
わかりやすく言うとそれに近いかもしれません。

「パーン」という名は「全て」という意味で、
神話の中では「全ての神々を喜ばす」存在として書かれています。
彼(彼女)はなにも言いませんが
私の手をぎゅっと握って微笑んでいます。 *:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ この石に宿るスピリットさんの持つ力は 深い癒しサードアイの活性化心身の浄化異次元ゲート原始の神精霊と妖精のサポート喜びを与える存在 などです。 この石に宿るスピリットさんは自ら私の意識を招き入れ、自分の存在を教えてくれました。 おそらく、このスピリットさんが行くべき場所へ私が橋渡しするのをわかっていて、自ら導いてくれたのだと思います。 きっと、時空間の概念を超えて、この石のオーナー様はすでに決まっているのでしょう。   そして、ビジョンで見えたように
とってもエネルギーが綺麗で、
非常に深い癒しと心の奥底からの喜びをもたらしてくれる勾玉です。  魂が疲れていると感じる方や心身の癒しを求める方のヒーリングストーンとして、動植物や自然、地球を愛する方にとっては地球原始の美しいスピリットさんからの守護、精霊や妖精たちからのサポートとして、お守り石としていただけたら幸いです。 ※発送は真綿(絹)のお布団にのせて、桐箱に入れてお届けいたします。 ※限定一点のみとなります。 ☆この糸魚川翡翠勾玉をご希望の方はこちらへどうぞ*※追記…ご縁が結ばれました。お申し込みを誠にありがとうございます。   *その他、お問い合わせなど何かございましたらるりのわメール (rurinowa333@gmail.com)までご遠慮なくお申し付けください。  本日も皆様の御霊がより輝かれますようにお祈り申し上げます。     

PR




コメントは受け付けていません。