中間管理職なら知っておくべきお祈りの5つの法則

PR




Pocket

お祈りの宅配サイト

   *   *   *   *   * 
わが家の喪中はがき
完成しました。オソスギル… 

どなたかの参考になればと思います。※しぃちゃん名前は【娘】としています。 
                  
  新年のご挨拶にかえて  本年3月6日に生まれた長女【娘】(ふりがな)は
同月9日にお空へ還りました 今後は私たちの心の中で
【娘】を育てていきたいと思います みなさまにおかれましては
どうぞよいお年をお迎えください
寒さに向かう折から
ご自愛のほどお祈り申し上げます 平成29年11月 ○○  ■■ ●      ▲▲ ▼▼ 
                  
   まず『誰が』を入れるかどうか。人によっては喪中のためとだけで名前を入れないパターンにすることもあるようですね。でも今回を逃すとしぃちゃんの名前を知ってもらう機会がいよいよなくなっちゃうようで。なのでここは夫婦一致で名前を入れました。 
 お父さんはシンプルに、大人と同じようにしたかったようです。でも私が「永眠」とか「逝去」とか使いたくなくて。
「天使になりました」は却下され、「お空へ還りました」でOKもらえました。
そして生まれた日も私は入れたくて。元気なら年賀状に出産報告もしたのですがかといって誕生の報告ができないのも悲しいから。これにはお父さんも賛成でした。 
 本当は頑張り屋さんのしぃちゃんのことをたくさん書きたかったけど、そこは喪中はがきだし詳しく書かなくていいんじゃないかと言われそれでも一言書きたくて「私たちの心で育てていきます」としました。
子どもたち(兄)の名前も入れているのでちょっと違和感がありましたがそこは片目をつぶりました。(兄が妹のことを育てる???と)
本当はもっとしぃちゃんのこと書きたかったけど。親戚にも送る喪中はがきですからね…
最後に。喪中はがきに子どもたち(兄)の名前を入れるかどうかは賛否両論あるかと思います。
わが家は入れました。だって兄妹ですもん! 

 ちなみに背景はこちらで横書きにしています。わんパグ(寒中見舞い無料素材)  堅苦しくしたくない私の希望としっかりシンプルに書きたいお父さんの希望とどちらか一方にするのではなく話し合って両方を取り入れて作りました。 
 しぃちゃんは生後3日目にお空に還りました。ブログに書いたことがあったか忘れてしまいましたが、予定日は3月14日ホワイトデーでした。
先生が「赤ちゃんが苦しいサインを出しているので外に出してあげましょう」と言ってくださらなければ、しぃちゃんは私のお腹の中でお空に還っていたのかもしれません。

そんなことをいつも思い出します。  お父さんに聞きました。「お腹の中で天使ちゃんになってたら、年賀状出してた?」と。
答えは「喪中はがきにしていたかな。」と。  ホッとしました。  こんな文面も見つけたので参考になれば…天使パパママの文例 

 それから。私が時間をかけてしまっていたこと。
試行錯誤しながら、喪中はがきにQRコードを印刷しました。
「写真が表示されます」
と一言添えて。

そこにはしぃちゃんの写真や、私たち家族の写真を載せてしぃちゃんのこと詳しく書きました。

私が喪中はがきを受け取った側なら。やっぱりどうしたのか気になっちゃいますしね。それに直接聞かれても苦しいのでそれならみんなに知らせよう。それも、はがきのように形の残らないもので。

↓メッセージ(全文)
*こちらのアルバムは3月に削除します。
2017年3月6日生まれ体重 1,479g / 身長 40.0cm
【娘】はお腹にいるときに心臓の疾患が見つかり、詳しく調べたところ18トリソミーであることがわかりました。お腹の中で心臓が止まってしまう可能性も高かったのですが、頑張って私たちに会いに来てくれました。NICUの先生の計らいで兄妹の面会も叶い、短い時間ではありましたが私たちは幸せな時間を過ごせました。生涯悲しみが尽きることはないと思いますが、【娘】が命をもって教えてくれたことを胸に、家族力を合わせてゆっくりと歩いていきたいと思います。

ギリギリ11月中に出せそうです。
どこかで誰かの参考になったら。
一番は同じ悲しみを持つ人が
ひとりでも減ってほしいのですが…
頭痛、吐き気、めまいがする毎日。
なんだろ。女の子の日は終わったのに…
明けない夜はない。
明日からもお仕事頑張ります!

お祈りをもてはやすデイトレーダーたち

私にしては珍しく お出かけして
いました。
 

帰ってきて…その思い出の
余韻に浸っているところに
家人の職場の 若い同僚のお母様が 亡くなられたという 連絡が入りました。
実はその同僚の方の妹さんは
今年の6月に20代で ご病気の為に
亡くなられているのです。 

亡くなられたお母様も また
お嬢さんを亡くされた 天使ママさんなのです。
お嬢さんが 旅立たれて 五ヶ月後の
訃報です。

お母様は 仕事中に倒れられて
そのまま 逝ってしまわれたそうです。
(入院されたという知らせを聞いて心配していたところでした) 
持病もあられたそうですが…やはり
ストレスも大きかった事でしょう。

知らせを聞いて、私も 、家人も
涙しました…。

そして 不謹慎ですが…
『お嬢さんと会えたかな……』と
思わずにはいられませんでした。

それを 想うと また
涙が溢れてきました。
心から ご冥福をお祈り致します。

 

PR




コメントは受け付けていません。