僕が泣き虫なんじゃなくてこのお祈りが素敵なんだと思います。

PR




Pocket

意外と知られていないお祈りのテクニック10選

三浦大知くんの全国ツアー長野公演に弾丸日帰りで行ってきました 席は別々でしたが、お友だちと行き帰りの新幹線は一緒だったので楽しかったです
1階の真ん中ぐらいの席でもしっかり表情まで見えました 大知くん、笑顔で楽しそうだった 立ち見の方もいて満席。あたたかい雰囲気で盛り上がりました
大宮公演以来でしたが、確実にツアーは育ってました ダンサーさんにも声援がいっぱい送られてたし、いい感じでアドリブみたいのあったし(上手く言えない)。めちゃイケ効果ですかね
大知くんもみんなを促してくれて一緒に歌ったり手拍子したり
最初に観た時は自分も緊張してるし余裕がないから、お祈りポーズで観てるのが精一杯だったけど、今日は「音楽で一つになった」感じがして超楽しかった~ 私もツアーに育てられた?

大知くんの魅力は奥が深くて、CDを聴いたりテレビを見てるだけじゃ分からない、生で観るあの動きやダンスや表情、生声が心を鷲掴みにするわけなんですよ
でさ、普段あんなに可愛くて謙虚で礼儀正しいのに、何で急に半端ない色気を振りまいてあんな顔するのよ ↑別に怒ってるわけじゃないけどテンションがおかしくなってきた
生大知を観た日はなかなか寝られない 明日も5時起きなのに。どうしてくれるのよって事です
目は冴えまくりですが、とりあえず寝てみます。おやすみなさい

お祈り ワンダフルスモール

羽生選手は先週末にすでにトロントに戻って治療とリハビリに専念しているそうですね。 歩けるぐらいは回復したということでしょうから、ある意味ホッとしました。痛みが消えて順調に回復して欲しいなと願うばかりです。 色々焦ることもあると思うし、落ち込んでいなければいいなと思うけれども、そこはクリケットの熟練したスタッフがうまく対応してくれるでしょう。 焦らず、じっくり。 それだけをお願いしたいです。 そして今回、メドベまでが骨折とか。足の甲にヒビが入ったということで、今現在、ギプスをしている状態でGPF間に合うのか(間に合うわけないだろうな)、とか思うけれど、でもお母さんの話だとこれまでの怪我に比べたら軽傷なので大丈夫ということなので、なにがなにやら。 足の甲の骨折(疲労骨折?)ってそんなに軽傷なのか。 アンナの背中の方が大変そうで、多分彼女は五輪は絶望だろうと思います(がっかり)。  GGの摂食障害による五輪断念の話とかを聞いても、また同じ理由でのリプの引退を見ても分かる通り、トップ選手(特に女子)には、体型維持という、また別な意味でのストレスとか大変さもあるようだし まあ本当にこの競技は精神的にも肉体的にも過酷です。 私が思うに、正直、試合もアイスショーも多すぎるのではないでしょうか。 GPS、4CC(ユーロ)、ワールド。これだけでも大変だったけれど、最近はこれに国別やTCC、さらにはCSまで加わって、さらにアジア大会とかわけわからない余計な大会も入れられたり、シーズン中に大きな箱でのアイスショーまで入れられたり(羽生選手が入っていないとチケット爆死ですけどね→例の人たちはそれが面白くないの?)。 これでは選手たちは休まる暇がありません。 2016年に羽生選手がリスフランを決定的に痛めてしまったのは、シーズン中なのにアイスショー2つも入れられちゃったからだろうし、今年さっとんが疲労骨折で長期休まざるを得なくなったのも、どう考えても過密なスケジュールが背景にあったと思うし(当ブログでも心配していた矢先の怪我でした) みんな誰も彼もが人気のあるトップ選手に群がって、儲けようとしすぎ。 何よりスケ連が率先してそれやるからねえ。 例のA嶋氏に、羽生選手を追い詰めたメディアの大罪とか狂信的なファンがどうのとかわけわかんないことを書かせているようだけれども、スケ連はまず自分たちのあり方を反省して欲しいですね。 ファンの力が自分を後押しをすると何度も言ってくれた羽生選手。 一部にストーカーまがいのファンはいるかもしれないけれど、ファンが彼を潰していることは絶対にないし、むしろ力を与える存在だと言ってくれているし 羽生選手を追っかけるメディア(誰かさんに仕切られている大手メディア以外)だって、近頃は本当に愛情あふれた記事を書いてくれたり写真を撮ってくれたりする方が増えたし、彼らは心から羽生選手に心酔し愛情を注いでいることがわかるし、そういう方たちは羽生ファンにも羽生選手自身にも、本当に喜ばれていますよ。 むしろ彼を苦しめているのは、接近禁止令を出されているという話のA嶋氏のような悪意あるメディアとか、権力振りかざして、心無い言葉でどやしつけるスケ連幹部(I氏?)などなんじゃないですか。 とにかく一読の価値もない話だけれど、裏で何が言われているかが透けて見える(羽生のアホな挑戦のせいで予定が全部狂ってこちとら大損だ、どいつもこいつも羽生ばっかり追いかけ回しやがって、フザケンなよテメー!byスケ連みたいな?)記事でした。 まあ自分たちが今シーズン(正確には昨シーズンから)、羽生選手に対して何をやり(不当な下げ採点、さらにはメディアを使っての下げとか、とても五輪金メダリスト&世界王者&GPF四連覇の選手に対する扱いとは思えなかったですね)、また名古屋GPFで何をやろうとしていたのかをよ?く反省してから、こういうことは言ってね。 大事にすべき人を大事にしてまともな採点をしていたら、こんな悲劇は起きなかったんだし、羽生人気をフィギュア人気と勘違いして羽生選手を踏み台にして、というよりもやは踏みにじって、自分たちの推しを上げてまた(真央さんをこき使って儲けたように)悪どく儲けようという、馬鹿げた読み違えをしたのは自分たちだし、 まあここらで徹底的に反省して欲しいですね。 アホで無能なのは自分たちだということに、いつになったら気づくのかしらね。  羽生選手の怪我快癒を一緒にお祈りしていただける方はこちらのバナークリックお願いします。 ↓    ↓ 
にほんブログ村  

PR




コメントは受け付けていません。