時差の情報収集に役立つショッピングサイト

PR







Pocket

時差購入ならこちら

生まれて初めての通訳案内士一次試験受けて来た。

やはり神経が高ぶっていたのか、昨日は12時半頃寝付いたはいいが3時半頃目が覚めて色んなことを考えてしまい、再び眠れなくなった。仕方ないので、以前に海外出張した際に時差ボケ対策として医者からもらった睡眠導入剤を飲んでなんとか寝た。

解答速報もまだ出ていないのでウィキペディア等ネットを駆使して自己採点してみた結果、日本史はまあ余裕でクリア。
日本地理、一般常識は半分ちょっとの正解率・・・。
合格基準点は受験者全体の平均で変動するらしく、過去には40点台で合格した例もあるらしいが、さすがにこの出来ではどうかなあ・・・。
ちなみに、この試験は総合点での評価ではなく、1科目でも合格点をクリアしていないものがあれば二次試験には進めない。来年は今年落とした科目のみ再受験することになる。
ただ、一次試験の合格発表がなんと11月9日。お役所仕事なのかなんだか知らないが、マークシート使ってる癖に時間かかり過ぎ。
一次試験の結果発表を待っていると二次試験準備の時間がなくなるので、明日からは合格を前提に二次の面接試験対策を開始する。
この数ヶ月、通訳案内士の一次試験準備に専念していたので、英語の勉強が全くできなかった。今回一次試験に落ちていて再チャレンジするにしても、再始動は年明けになると思うので、しばらくは英語に集中できる。嬉しい。
今日は疲れたので、試験の細かい感想や自己採点の結果等については明日以降書きます。
今日は普段の日曜より少し酒を多めに飲んで、寝ます。

時差でパワーアップ

8月19日土曜日 ローザンヌでの最後のお煎茶お稽古でした。皆さま夏休みで日本に行かれたり、ご旅行されていました、ローザンヌに戻られて間もなかったですが、時差にも負けずしっかりお稽古されました。

Lさんはお棚の仕上げのお稽古

 

Rさんは茶具台

 

Yさんは器局点前

 

器局香羽単式点前は、6月に師匠にお越し頂いてお稽古つけて頂いた事を思い出しながら、茗主と正客様の問答もしっかり行いました。練習していないとさらっと口から出てこないので、しっかりお言葉を言うのは大切ですね。

 

これからは、Aさんがお稽古を引き継いでくださいます。私は本当に良い生徒さんに恵まれました。皆さま真剣にお稽古をされ、こちらも毎回気を引き締めお稽古に臨むことができました。ヨーロッパにはまだ煎茶道は根付いておりませんので、皆さまが中心となって日本の文化、特に所作が美しい小笠原流煎茶道を広めていって欲しいと思います。ヨーロッパは現在、空前の緑茶ブームですので!

 

 

 

PR







コメントは受け付けていません。