ポスカ ゆたかな未来のパートナー

PR







Pocket

初心者による初心者のためのポスカ入門

本日もブログにお越しいただき、有り難うございます。
情熱療法士こと理学療法士の中井宏俊です。

今年に入って勉強会を開くようになりました。

それ以前に後輩の療法士や看護師さん、介護職の方に

色々教えたり、伝えたりするのが好きです。

そして約2年前に急性期の病院を離れてから、

上司という存在があまりいない期間が多かったのです。

で、急性期病院の頃は、やりたいことを自由にやっていたら、

ちょいちょい上司から呼ばれ、指摘や指導をされることもありました。

(ちょいちょい・・・のはず。頻繁ではない・・・はず(苦笑))

今の病院の上司は、逆に自主性を重んじているので、

よっぽどのことをしない限りは怒られないし、

指導も入りません。

私が社会人経験者ということもあり、ある程度の信用が

あるからこそ、自由にさせてくれていると思っています。

で、ここの所、Facebookを通じて色々な方と出会う機会が増えています。

リアルにお会いして、文字では伝えられない、

言葉と言葉のぶつかり合いを通じて、

色々なお話をしていただけています。

そんな中で、今の私の考え方やあり方についても、

色々叱咤激励をいただくことがあります。

この何年か、あまり叱責されたり、注意されることがなく、

とても新鮮な気持ちです。

でも、あまりに的を得過ぎた意見や知識を教えてもらったりで、

反論だったり自分の意見や考えを主張し切れないこともあり、

落ち込む瞬間もあります。

(元来がネガティブ思考でしたので(笑))

この歳(37歳)になり、療法士としても中堅のキャリアになり、

伸び伸びやらせてもらっている現状。

普通だったら指摘されたり、叱咤激励されたら、

素直に受け入れられるでしょうか?

私と同じ高気圧を身に纏っている方の本があるのですが・・・

以前にもご紹介しましたが、松岡修造さんの本です。

この本の中でも、松岡修造さんが心掛けていることが書いてありました。

それは、

素直に受け入れる

です。

昔とは言え、現役時代はテニスで世界的な結果を残し、

現在はテレビでの解説やレポーターなどでも成果を出している。

そんな松岡修造さんが、周りの人から色々言われたことに対して、

「素直に受け入れることが大切」と仰っているんです。

水が土に沁み込んでいくように、しっかり吸収するために、です。

どんな世界でもそうですが、こと療法士の世界では、

未だに経験年数で「すごいかすごくないか」、

「えらいかえらくないか」が判断されやすい世界だと

私は感じています。

違う、と言い切れますか?

私は絶対、とは言えないです。

申し訳ないですが、ベテランの療法士が横柄な態度を

取っているところを実際に見たこともあります。

勿論会社員時代でも同じですが・・・

でも、やはり医療の世界。

先生!

と呼ばれ続けていれば、その呼ばれる理由、解釈を

誤ってしまって、正しくない態度を取る人間が増えやすい

土壌である、ということは言えるでしょう。

そう、若手や学生さんに「生意気だ!」とか「謙虚さが足りない」とか

指導する療法士も多いと思いますが、

中堅やベテランほど、素直に話を聞く、若手や学生さんの話を

受け入れて解釈する、そういう意識が大切なんじゃないでしょうか。

中堅やベテランがそういう姿勢を見せることによって、

言葉を投げかけなくても、その姿勢や行動を若手や学生さんが見ることで、

それだけでも伝わることってあるんじゃないでしょうか。

そこに、+αとしてメッセージを伝えてあげると

そのメッセージは何倍にもなって、若手や学生さんに

伝わるんじゃないかと思います。

私は、最近指摘や指導、叱咤激励をいただけることで、

落ち込む瞬間もありますが、何だか嬉しくなって、

初心に返ることが出来ています。

むしろそうやってご意見や叱咤激励をいただけることに

感謝しています。

中堅やベテランだって、躓いたり、知らないことだってあるんですよ。

私も、もっと色々なことを教えてもらい、自分でも勉強したり、

もがいた経験を基にして、色々な方々に

自分が出来ることを提供していきたい、そう考えています。

本日もここまでご覧いただき、有り難うございました。
 

Facebookの友達申請もお待ちしております。
暑苦しいかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

+++++++告知コーナー++++++
 
「神戸クラニオDOJYO」を開催!!
前提知識のための体質改善セミナーを2017年4月1日に開催します!

 ●タイトル:体質改善セミナー
 ●日時:2017年4月1日()
 ●時間:19時~21時45分
 ●場所:西宮市民会館 小会議室602←場所決まりました!
 ●費用:3000円
 ●対象:医療、介護、健康に関わる職種
   ※第2回以降も場所は芦屋、西宮近郊とします
「情熱的な呼吸の勉強会」開催
 ●日時:2017年4月29日(土)
          10時~16時30分
 ●場所:芦屋市民センター 201号室
 ●講師役:中井 宏俊
 ●対象者:医療、介護従事者全ての職種、および学生さん
 ●定員:10名(残り7名)
 ●費用:5000円
 ●持ち物:筆記用具・バスタオルかヨガマット・動きやすい服装
 ●その他:肺や横隔膜を直接身体に水性ペンで描きます。
女性は無地のTシャツの上からポスカで描きますので、
その服装が可能であるような準備をしてきてください。
無地のTシャツはこちらで準備します。

参加されたい方は、
へメールをください。
●副業コンサルティングも行っています。詳しくは以下リンクをご覧ください!
NEXTAGEへの誘い

ポスカキャンペーン開催中

どんも。
埼玉県民 ヤマダみゆです。
我が家の
テキトーラベリング
紹介させてくださいっ??
布製の収納ケースに使うことが多いです。
(プラスチック容器にはテプラや
剥がせるラベルシールを使ってます)

用意するもの。
黒ガムテープ&白ポスカ
書く
間違っても、書いてすぐなら
ウェットティッシュで拭けば消える
(「stock」のcを書き忘れる…)
(「大判」の位置も直す)
 カット 
後から切るから、あまり
バランスを気にしないで書ける。
乾いていないうちに触ると
ポスカが手についてしまうので、
4隅をふんわり抑える程度でOK
日用品、消耗品ストックは
頻繁に入れ替えるので
この応急処置的なラベリング
対応してます
ちなみに小屋裏。
シーズン小物の収納
ガムテでラベリングです

※粘着剤が残ってしまいそうな素地への使用は、

自己責任でお願いいたします。
〈追記〉YNGさんからコメントいただきまして、マステや養生テープなら跡が残らない、というアドバイスをいただきました。
確かにそうですね!私ったらガサツですみません(笑)皆さま、参考にされてください( ´ ▽ ` )ノ
(ひとりごと)←後日削除します
オフ会のメンバーさんたちのLINEが飛び交う中、更新作業中♪果たして無事に帰れるのかしら…心配
オフ会はまた改めて記事にしますね?(たぶん)

PR







コメントは受け付けていません。