ベイストを5文字で説明すると

PR

介護も医療もベイストも

末ズのお話です。
BL含みますので、ご注意下さい。
リビングに戻ると、背中を丸めたカズが ゲームをしていた。

俺が戻った事に気付くと その手を止め「手伝うよ」と キッチンまで ついてくる。
ワインの準備をカズに頼み、鍋を温め直して 料理を皿に乗せた。
「いただきまーす」
「どうぞ、召し上がれ」
「…美味っ!」
左手に持った箸を 止めることなく口に運ぶ。
ははっ…嬉しいよな。
本当に美味い時は、あんまりゴチャゴチャ言わないんだ。
量はたくさん食べないけど、黙々と食べる様なんて…身体で ”美味い” って言ってるみたいだよ。
「カズの削った寿命…延ばさなきゃな」
「ん? あ、3年半ね?」
カズが フフッと笑う。
「寿命を延ばすって、ストレス溜めないのが一番なんだってさ。
風呂で温ったまって、リラックスして、カズの好きなもの食って…ポリフェノールにも リコピンにも、高い抗酸化力があるから、身体に良いし」
「…そっか、潤 ありがと」
カズは 手元のワインを見つめ、グイッと飲み干した。
心地よい沈黙が 二人を包む。
潤んだ瞳
睫毛の影が 揺れて…
ほんのりと 朱のさした頬に落ちていた。
見惚れる
…囚われる
どうした?  と 
俺に向けられた 飴色の瞳に 
吸い込まれてしまいそうだった。
うゎ…やっぱ、抱きたい。
ここは、1/2 の 確率に賭けるか?!
「あの! カズ?
ジャンケン…しようか」
「…フフッ 良いよ」
最初はグー、ジャンケン…
  ??
あ、負けた。
クックックッ…
カズは 肩を震わせて笑っている。
「…ワタシ、今日は疲れちゃったなぁ。ジャンケンに勝ったんだし…選択権はワタシよね?
じゃあ、潤にシてもらおうかな」
「へ?」
「フフッ…知ってた? ストレス解消には、セッ ク ス が良いんだって」
「そうなんだ?!」
「そ。だから溜まっちゃったストレスは 解消しなくちゃね。
…一緒に寿命延ばそうよ。
置いてくのも、置いていかれるのも…嫌だから、さ」
………
なんか…
サラッと 凄いことを言われた気がする。
何だか、現実味が無くて ボーッとしていると、カズが俺のグラスに手を伸ばし、ワインを含んだ。
それを俺の口へと流し入れる。
カズの舌も ワイン風味になっていて、最高の味わい。
それを 絡 め取り、吸い上げ 
歯列をなぞった。
チュ…クチュ…
毛足の長いラグに ゆっくりと 躰を 押 し 倒し
角度を深く変えながら 咥 内 を 探る。
送り込んだ 唾 液 が 淫 ら な 糸 を引き、二人を繋いでいた。
「…良いの?」
「アナタが嫌なら…ワタシがヤるけど?」
「嫌…じゃない!!」
後頭部を 引き寄せられると
再び唇が重なった。
思いがけない展開に 戸惑いながら
…誘われるままに、カズを抱きしめた。
つづく
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*
今日も、ベイストで パズドラ語ってたねー
全然分かんなかったけど。
本当に この子ったら…( ̄▽ ̄;)
(既に母目線)
もう、可愛いんだからっ?
miu

ベイスト 人と夢の間に ~Your Dream

もぉーまた消えた(#`ε´#)

あとは公開するだけで、公開って押したら
あら?残ったの写真3枚だけ(´□`。)
はあ?
そうだ??
大宮の笑いは 落ち込んだ心の特効薬!
これも もう書き上げてたので上げます。
もうちょっと手直ししたかったけど、ベイストも終わりそうやし眠い‥。
遠憲さん 最高でした\(^^)/
にのちゃん笑う

その時の智くん? フニャ顔////

笑う?

笑う?

おかしすぎて 崩壊寸前!!

あーやっぱり気持ちも、動きも同じだね

智くん、ここ最近食べれてること多いかな?
可愛いな‥って写メってたら

急に 男前 心臓に悪い(*_*)

智くんが正解したという事は?次は‥?

ニノ?行けぇーー(*゚▽゚)ノ

(-_-)???


にのちゃん ふざけたぞ( ̄^ ̄)
「俺ちょっと分かったかもしんない」
今度こそ??
にのちゃんの望み!
そして大宮担みんなの望みは
大野さんの隣に??
「めでたい」

ブゥーー×

か・た・ま・る
あーー(*≧∀≦*)この可愛い子
智くん 早く迎えにきてあげて

ほら‥本気で 残念がってる
一つ喜びを得るたびに
 智くんの方へウロウロ。
一人より二人がいい(#^.^#)
大宮は隣同士にいないと??
これが みんなの望みです(*´∀`*)
ゆき☆な

もう 消えないでほしい‥これがゆきの今の望み。

もう一回書く気‥おこりません!

PR

コメントは受け付けていません。