50個以上のババア関連のGreasemonkeyまとめ

PR

ババアの激安通販情報を紹介、情報満載でとても便利なサイトを集めました

毎回毎回ご無沙汰してます。

平凡な毎日を過ごしていて
なかなかブログに書くような
ネタがないもので…
そんな日常に本日
ちょっとした出来事がありました。
午後3時すぎ。
ピンポーン♪とインターホンが鳴る。
出てみると知らないバー様。
そして開口一番

「あたし、誰だかわかる?」

知らない顔だったけど
すぐにピンと来た。
ジジィの妹だ、って。
このジジィの妹である
旦那の叔母は
義祖父が亡くなった時に
相続で揉め、裁判おこしてまで
土地をぶん取っていったそうで、
それ以来縁を切ったと聞いていた。
ばーさんからは散々悔しい思いをしたと
聞いてもいた。
だから私は会ったことがなかったし
ジジィが亡くなった時の通夜に
上がり込んでいた、とばーさんが
言っていたけど、
そもそも顔を知らないので
わからなかった。
また、そのときばーさんも
挨拶するでもなく
シカトしたとのことだった。
で、数ヶ月前にジジィの姉である
伯母が亡くなり、その葬儀で
旦那が顔を合わせたらしく
「今度お線香あげに行くから?」
と、言われたと言っていた。
本当に来たらどうする?
と、そのとき旦那に聞いたけど
来るとは思ってなかったのか
曖昧な答えで、私も深く考えることもなく
日が過ぎていた。
そして今日、旦那が留守の時に
その叔母がやってきて
誰かわかる??と…
ピンときたけど
「わかりません」
と言いました。
するとそのバー様
「あたしね、〇〇(旦那)の叔母。
〇〇(旦那)の嫁さん?
私のことわからない?」
お前なんかしらねーよ!
ほぼ初対面だっつーの!
なのになんだか馴れ馴れしいというか
図々しい態度で
「お線香あげさせてもらおうと思って
きたんだけど、この辺変わっちゃって
どこだか迷っちゃった。」
とかいってる。
その時点で私の中では
葛藤していた。
このまま追い返すべき?
お線香くらいあげさす?
考えてる間にグイグイ玄関に
当たり前のように押し入って来られたので
「じゃあお線香だけどうぞ。」
と、仕方なく仏間に通した。
お茶くらい入れるべき?
と、次々葛藤が生まれたけど
とりあえずお茶くらい入れようと
キッキンに行ってお茶を入れて戻ると
そのバー様、玄関ホールに出てたから
本当にお線香だけあげて帰るのか、
と思ったら、さすが
バカジジィの妹だよ
「ちょっと家に忘れ物しちゃってさ
取りに行って来るから
(車で)乗せてってくれる?」
はあー?何言ってんだ?このババア!
なんで突然勝手に来ておいて
初対面の私がわけわかんねーババアを
車に乗せていかなきゃなんねんだ?
呆れて
「はぁーー?
家空けられませんから」
と言うと
「じゃあタクシー呼んで」
と言う。
ったく、なんなの?と思いつつ
リビングにいき、タクシー呼ぼうと
思ったけど、
線香あげるだけ、って言ったんだし
そのまま帰れよ、と思い
戻って言ってやった。
長くなったので続く

ババア翼ある人

こんにちは。やしろあずきです。

はい。以前の記事で漫画に使う擬音(効果音)をコメントで募集した所アホほどコメントが来て頭を抱えたって話は前回の記事でもしたと思うのですが…

アホほどコメントがきた

描きました。描きましたよ。

擬音を使って、というか詰め込んで4コマ描きました。

もうね、普段はしないのにここぞという時にコメントしてくる皆の団結力を見誤っていたよ僕は。

もう二度とやりたくない。

という訳でどうぞ!!!

お経は祇園じゃなく台詞じゃない?ってツッコミはナシでお願いします。

…うん

という訳で擬音を豪華に使いまくった4コマでした。

でも皆中々面白い擬音を考えてくれたので、これからもちょくちょく使っていこうと思います。

あ、個人的なベストオブ擬音賞は「モルゾンヌ」です。なんか言いやすかったから。

そしてそれもはや擬音じゃないで賞は「こんばんわ星野源でーす」

す。笑った。なんなんだよ。

……さて、という訳でコメントを頂いてこその企画だったわけですが、想像以上にコメントも来るしこれ中々面白いなーって事で、今回みたいに全てを採用するとかじゃないですが似たような事をやってみようと思いまして。

4コマのお題をコメントで募集したいと思います!!

特に縛りはなく、こんな事を描いてほしいな~とかこんなネタを描いてほしいな~ってモノをコメント欄に描くだけ!

詳細にネタを指定するんじゃなく例えば「病院のババア」だったり「下水道」だったりとか、簡単な単語だけとかでも大丈夫です。

コメントの中から毎回僕が何かしらのお題を1つ選んで

次回のブログの4コマとして更新します!

というわけでみんなコメントしてみてね!

1つしかコメントがなかったら泣きながら確実にそれを描く事になるから。

それでは!

PR

コメントは受け付けていません。