ババア あなたが気づけばマナーは変わる。

PR

初心者による初心者のためのババア

…と、先日、ムスコに暴言吐かれました( ゚Д゚)

その日は1日悪く、

いつものように、朝からおふざけマックス、挑発行動。

食事のマナーが悪く、再三にわたる注意を無視していた。

尚且つ、ムスメに暴力を2度ほど。

ゲームは無しとしました。

しかし、なぜか友達がいきなり3時位に突然やってきて…。

その子はうちにマイクラをやりに来たのは明白。。。

暑い中来てくれたのに、外に追い出すわけにも行かず、その子が興味ない室内遊びを強制するわけにもいかず…

ムスコに、学校の宿題のプリントと九九の暗記を友達が帰った後にやることを約束させてゲームをさせてあげました。

友達が帰る17時半に祖母が「もう、帰る時間だからゲームしまいなさい」と言っても無視。

「いいんだよ、今日は特別だから」と意味不明なことを言っていました。

友達が帰った後も、祖母に「もう、やることやったからゲームの続きをやる」とごまかし、引き続きずるずるゲームをしようとしたところ

わたしにバレて、「約束守れ」と言われたら、めちゃくちゃイラつきながら宿題をしました。

夏休みの宿題は親がマル付けをしないといけないのですが…

これが、間違いだらけ。

1つくらいのうっかりミスならおまけしてあげて〇つけてあげるのですが、この日はいくつも…。

やる気なく、仕方なくやっつけでやったのは明白。

字も汚い。

よって、×を付けたら…

「なんで、×つけんだよ!!!成績下がるだろーが!!」

×だから×つけたんですけど…。

「つけないで、口で言えばいいだろ!」

いやいや、おまけしてあげたくても、これじゃ間違い過ぎ。

と言うと

「ケチ!!意地悪ババア!!!」

ときて。

そして、冒頭の

「サイテー女、どっか消え失せろ!!!」

久しぶりに暴言スパーク!!!!

久しぶりだと親も耐性が無くなるのでしょうか。

暴言・暴力が酷かった時は、ひたすら無視して落ち着いた頃に

「さっきの言い方はいいのか?」と親子で冷静に振り返ったりしていましたが…。

昔、我が家に子どもたちが遊びに来た時、ムスコが

「うっせーな、クソばばあ」とわたしに言ったことがありました。

それを聞いた、お子さま達。

眉をひそめ

「そんなこと、うちで言ったら、ママにビンタされて、追い出されちゃうよ…」とみんな口々に言っていましたが。

まさに、今回、そのように対応してしまいました(*´Д`)

久しぶりの鉄拳…。

反省です、自己嫌悪…。

暴力は何も生まないのに。

でも、1日ムスコは悪かったので、たまり積もっていたのもあります。

言われた瞬間、ぶっ飛ばしてました。

そして、

「おまえが消え失せろ!!」と。

ムスコ、さっさと出て行きましたが、オットが見かねて呼び戻して…謝ってきました。

が、どうしても許せず。

気持ちに共感してあげられる余地が無かったのです。

「ゲームしたかったね」くらい言えば良かったのか。

でも、したい前に、自分の義務を果たさなかった。

でも友達が来たことで譲歩してあげたのに、その約束も破った。

…。

いくら、医師や担任の先生から「大丈夫」と言われたって、時にはこんな日もあります。

いけないこと言っちゃったって、本人もわかってるんでしょう。

…でも自分のしてしまった対応と、ムスコの久々の暴挙に

撃沈。。。。

次言われたらどうしようかしっかり自分の中で決めておかないと、

同じことをしてしまいそうです。

次言われたら…

以前のように無視→落ち着いた頃振り返り。

できるかな…。

するしかない!

ババア 来て見て触って、富士通のお店

2017年6月、私はイギリスに向かい出発した。
目的はロイヤルアスコットという英国王室主催の競馬である。
予算20万の貧乏旅行ということで、1番安いタイ航空を選択
タイでの待ち時間(9時間)を含め、福岡空港からヒースロー空港までおよそ27時間の長旅
タイでの待ち時間をいかに過ごすかがこの旅のポイントとなる
タイといえば激安マッサージ
とにかく安い
1時間で千円なんてのもザラ
長時間飛行の疲労を少しでも軽減すべく、私はタイでマッサージを受けながら時間を潰すことにした。
マッサージ街に到着
特に店を決めている訳でもないので、グルっと散策しよう。
ところが駅を出てすぐに異様な光景が目に入る。
セクシーなコスチュームに身を包んだ女性たちが私に手招きしている。
幻覚だろうか。
目を擦って再び視線をあげる。
やはり手招きされている。
しかも皆、美人だ。
・・・まぁ私の目的はマッサージなので、ここはスルーしよう
アレ???




あれれれ???




体が勝手に風俗店に向かっている!!!
何者かの黒魔術によって私は行きたくもない風俗へ。なんたる不運、、、
ちなみに私は英語をほとんど理解できないので、ここからの会話は8割想像である。御了承願いたい。
私の隣にババアが腰かける

バ「どの部屋にする?」

私「値段はいくら?」

バ「とりあえず部屋選びな」

私「じゃあコレ」

バ「じゃあ女呼ぶよ」

バ「オーイ、お前たちおいで」




ババアの掛け声とともに女たちが集まってくる





ゾロゾロ、、、ゾロゾロ、、、





集まった数、なんと20人超!

あっという間に私は女性に囲まれてしまった





私(コレ死ぬほどボッタクられるんじゃね、、、)





バ「じゃあ紹介するよ」

私「ていうかいくら?」

バ「まぁ先に女を見な」





ババアが1人ずつ名前を呼んでいく


呼ばれた女性はそれぞれ
私を選んで。うっふ?ん。とアピール



なんなんだコレ




私を20人以上の女が奪い合っている






てか金足りるぅううう!?!?





鼻の下を伸ばしてる場合ではない。
ここは外国だぞ!忘れたのか!危険だ!今すぐ店を出よう!













しかし次の瞬間、私は黒魔術によってシッカリ女性を指名していた
恐るべし黒魔術






私「で値段いくら?」

バ「1時間30分なら2900バーツ」

私「やっす!!!ファッキンチープ!!!!」


日本円にして約1万円で
ある








私の脳に紳助が直接語りかけてくる

「我々スタッフが一生懸命、一生懸命捜しました。人非人さん、最高の風俗見つかりましたよ」




ありがとう紳助!!!!!






日本の風俗で1万円となると、ほぼ外れ確定。
あばれうしどりのような風俗嬢が出てくるのが関の山。





だが、ここタイランドでは1万円で確実に当たりを引くことが出来るのだ!!



なんて素晴らしい国なんだ!!!!
タイランド万歳!!タイランド万歳!!
最高のマッサージを受けた私は意気揚々とイギリスに向かって出発した  完

PR

コメントは受け付けていません。