企業における守りの強化

企業は営利を目的とした団体です。

簡単にいえば売り上げをあげ、利益を上げる集団です。

しかし、利益だけを追求していては、企業はいずれ滅びます。

企業の施策として「守りの強化」を打ち出す事も多いでしょう。

企業にとって守りとは、主にはコンプライアンスやハラスメントの問題などに対する施策を意味することが多いでしょう。

もちろん法令を順守しないと、社会的罰則を受け、利益に影響を及ぼします。

企業のイメージもとても重要です。

ブラック企業という言葉が存在しますが、多くは利益追求主義に走ってしまっているようです。

もちろん働いている人の満足度もこの「守り」の面に相当するでしょう。

職場ハラスメントのない状態、労働条件など劣悪な職場では生産意欲が失われ結果利益に悪影響を及ぼすことでしょう。

利益を守るためにも「守り」は企業にとってとても重要になります。

食品業界において賞味期限や、衛星上の問題が話題になっていたりします。

徹底したコスト削減主義の結果、招いた食中毒などは、今後の利益、企業の興亡に大きな影響を及ぼすことでしょう。

企業にとってのリスクを回避するためにも「守り」は非常に重要な課題と言えます。

コメントは受け付けていません。