連載:はじめての「現金」

PR

現金 今日も笑顔とまごころで

沖海をベースにして

凱旋のハイエナ
ジャグラーの履歴狙い
当日貯玉は無制限の店だから掛け持ちじゃないよ
休憩札立ててハイエナ行く強者もいるが(笑)
機種番号1472
(スーパー海物語IN沖縄4 MTC
出玉1R:88玉:96賞
 
1:16R
出玉:1408玉:1536賞)
 
(サポ抜100)
 
獲得玉
獲得玉補正
 
残玉
総回転数193##3
 
出玉置換1
増減率100#050
持込玉250
持出玉
現金
 
 
 
 
 
357
 
#100
168
 
着席時回転数54
着席時総回転数54
換金率1000#280
貸玉1000#250
 
期待値持玉率100
期待値回転数2400
 
店名
台番
釘番
名前
 
貯始
貯終
持金
換金

現金のレシピ・作り方の特集、あの商品、この逸品が驚きの金額です

ラグジュアリー読書会 in PARIS 
にご夫婦で参加してくださった南城さんの記事
で、南城さんもリブログしてくれた、
この記事にこんなメッセージをいただきました!
  
(参考記事)
「いつもさきこさんが言ってる庶民設定の【せっかくパリに来たんだから買う】というのと何が違うんですか?」
え????
全然違います???!!笑
例えば今まで欲しいと思わなかったけど欲しくなって買った、
CHANELボーイフレンドの時計も、
いきなり可愛く見え始めたカールのキーホルダーも
(参考記事)
パリに来た記念に、とか
ここで買わないと損する、とか
免税なんだから買っておかないと!とか
せっかく来たんだから何か買わなきゃ!!
っていう「もう2度とチャンスは無いかもしれないから絶対損しないように!」っていう設定から来る不安損得感情ベースの「欲しい!(買っとかなきゃ!)」で買ったんじゃなくて
上のお買い物の記事でも書いたように
実際に憧れのヴァンドーム広場に行って、その独特な雰囲気を感じて、
CHANELのアパート見学して、たくさんのCHANELの歴史や思いを聞いて。
ヴァンドーム広場のCHANELジュエリー本店で、
ヴァンドーム広場モチーフを実際につけてみて。
他の人がつけてるのも見て。

その時、その空間から感じた豊かさ、

その品物を本当に素敵だなぁって感じたから欲しくなったんです
見るたびに、あの時の幸せな気持ちと
素敵な、楽しかったパリでの思い出、ヴァンドーム広場を思い出す
もう2度と来れないかも知れない
どころか
また絶対に行こう
って見るたびに思う。
カールのキーホルダーも
今まで可愛いとも思わなかったけど
実際にカールと同じ空間(会ってないけど)で
カールが作った空間、デザイン、場所、
感じてみて初めて、あのキャラクターの可愛さを本当に感じた。笑
買ってないけど、きっと見るたびに
カールの偉大さを思い出す。
人から見れば
ただの鴨じゃん!
そうやって騙されて買わされてるんだよ!
海外で気が大きくなっちゃって買うなんて絶対ダメ!
日本に帰ってきてからじっくり考えればいいし!
なーんて思うかも知れないし
それはその人の設定の世界で正しいと思う。
けど、私が好きな世界は
こういう世界。
なんの打算もなく
素敵だなって思うものをたくさん見て、知って、
素直に憧れて素直に手に入れていく。
それが「モノ」でも「世界」でも「考え方」でも「在り方」でも。
どっちでもいいんだよ。
正しい方なんてないから。
自分が好きな方を選ぶだけ。
好きな世界に決めるだけ
本当に打算の世界、それが好きならいいと思うけどね、きっと違うでしょう。
そうそう、
パリで買ったCHANELが愛したモチーフいっぱいのバッグ。
日本で売ってるのと、モチーフがだいぶ違いました!
上が日本で売ってるやつ。
下がパリで買ったやつ。
これはたまたま「同じもの」でも違うけど
いくら全く同じものでも
その時その場所で買うのと、
お得を考えて後で買ったりするのと、
「気持ち」は全然違うから。
常に「今」の最高を選んでいくんです
もし、後から後悔するならば、そもそも
「後悔しないように」とか
「損しないように」とか
「買った私、にフォーカス悦?」とか。
違う目的で買ってるだけ。
その「品物」そのものを全く見ずに取りこぼしているだけ。
「今そのもの」をいつも見ているならば、「買って後悔」なんて絶対にない。
それは「このお買い物、大成功!」と無理やり思おうとするポジティブシンキングじゃなくて
「ちょっと違ったな?」とか
「似合わなかったな?」とか
何をどう感じてもオッケーだから。
買った時の自分をごまかさず直視してたら
「気が大きくなっちゃったかな?」とか
「失敗だったな?」とか
「すごいって思われたくて買ったな?」とか
それすらも
お金がもたらしてくれる「豊かさ」「経験」であり
ちゃんとそれも感じるならば、結局は取りこぼさないの。
「死に金」扱いになんて絶対になりません
「死に金」だった、ちゃんちゃん。
で終わりにする人は
「気が大きくなっちゃったかな?」
「失敗だったな?」を直視せず、人のせいにするから。
なぜかというと、そもそもの買った動機がやましすぎて直視したくないからです。
そこをちゃんと見ないと。
そもそもいつも、どんな動機でお金を使っているか?を見ないとさ。
設定変更も何もできないじゃない?
だからクレジットカードやめて現金生活、とか
ポイントカード全捨て、をお勧めしてるんです。
それやったら簡単にお金が貯まる「おまじない」「ジンクス」じゃないからね笑!
自分のやましさを見るためだからね!
伝わったかな?質問の
「いつもさきこさんが言ってる庶民設定の【せっかくパリに来たんだから買う】というのと何が違うんですか?」

「ポイントカードで100ポイント貯めて景品のお皿貰った。こんだけ貯めたんだからお皿くらい貰わないと損!当たり前!」

っていうのと

「本当に素敵だと思って買ったら、香水まで貰えちゃった!このお買い物がますます素敵になった??!!嬉しい???ありがとう!!」
くらい違います
同じ「豊かさ」でも、種類が全然違うのわかるかな?
どっちが好み?
ただそれだけの話なんです。
前者は「損したくない!これだけ使ったんだから返してよ!(お金できるだけ使いたくないです)」
だからお金は入ってきません。
後者は「お金使ったらますます良いことが!!使ってよかった???(お金使ってよかった?もっと使いたい!)」
ただそれだけで、お金は巡ってくるんです。
これほんと!こんなにシンプル!

累計24000部突破!6刷決定

ビジネス実用書ランキング1位

恋愛部門1位
amazon総合ランキング7位獲得

 
Amazon

PR

コメントは受け付けていません。