目の付けどころが、現金でしょ

PR

→現金についてもっとタイトルを作る←

毎年夏
夫の原付バイクのオイル交換を兼ねて
バイク屋さんに
メンテナンスにだしています
バイク通勤なので
走行距離もいっています。
毎年
夫のお小遣いで払ってもらっていたので
ノーマークでした
が。
今年はちがうぞ
わお!

金額を聞いて
びっくり
15,120円

特別費スポット【12月まで】
残金・・・95,080円となりました
タイヤ交換含

バイク屋さんは
クレカNGなので
即準備しました
まー
急な出費に備えての
特別費予算確保でもあるんだけどね。
払えてよかったよかった
今日は息子の習い事で朝から出掛けていました♪
帰ってから甘酒を作って
ひと息ついています
特別費は・・・
2枚の封筒で現金管理しています


現金が個人主義を超える日

(一部、過去の投稿と被る箇所があります)
終わりの準備をしながらも、

仕事が史上最高の年度末で、ヘトヘトになって帰った夜、義父からメールが来ました。

「こんばんわ!百箇日は今度の日曜日ですー!」

歳のせいでメールの打ち方がよくわかってないのか、義両親からのメールは??や伸ばし棒がやたら多く、訳のわからない顔文字もよく入っています。
葬儀等にまつわる連絡に顔文字が入っていたのには、本当にドン引きしました。
ていうか。
いやいや。
四十九日の時に、百箇日来なくていいって言ってなかった?
あの時は少なくとも三回忌まで関わろうと思っていたのに、拒絶された感じしたんだけど。
行くつもりなかったから、曜日の確認してなかったよ。
この繁忙期に、日曜日に仕事休めるか!
年金生活者と一緒にするな!
スケジューリング考えろ!
念のため子に聞いてみたら
「え?来るなって言ってなかった?
その日模試だから無理」
とバッサリでした。
だよなー。
義父に
「来なくていいと言われたので、予定に入れていませんでした」
と返信したら
「お父さんは来なくていいとわ言ってません鯛子ちゃんの聞き間違えでわ?

仕事があるから無理はしなくていいよとは言った。」


と返してきました。名前以外は原文ママ。
子に見せたら
「いや、来るなって言ってたし。
このメールの通りでも、来るなって言われたと思うけど?」
と同意見でした。
家にまともな意見言ってくれる人がいてよかったー。
二人で冷静に話し合い、生きている者優先でお参りには行きませんでした。
喪主だの妻だの相続人だの言うなら、百箇日に無理してでも来い!と言うのが普通でしょう。
まったくもう。
返信メールに爆弾仕込んでおきました。
「あなた達が売り飛ばしたCDやDVDなどは、店に問い合わせましたか既に取り戻せませんでした。
代わりにとりあえず、再販のCDボックスとDVDボックス等を買いました。これでも一部しか取り戻せていませんし、心の傷は消えませんが、領収証を送るので現金書留で送付ください」

やー、リマスター版とか出てて、むしろラッキー的なものもありましたわ(笑)
思い出は減りましたが。
まったく、こんな親だから
姻族関係終了届が子に対しても効力を発するならば、とっくに提出しているのですが。
義家族が何かしでかした時に、子が迷惑を被って私が縁切りしたばかりに手を出せない状況になるのが怖くて、手続きをせずにいます。
このメールで、私の「終わらせ方」への意欲が、ますます湧いてきました。
ただではすませないよ。

PR

コメントは受け付けていません。