すきやは僕らをどこにも連れてってはくれない

PR

すきやがもっと評価されるべき10つの理由

今日の人気歌謡
このダサかった時代出されたら
しんどいわ…
「JYP~!!」とかいってる激しくはずかしい…
いまの方のぜんぜん
そういえば
きのう話してて
「あれ???ワナワンの前
バ○ンタンの○グってゆってなかった?」
ってオンニに聞いたら

『ちがうねん。

やっぱ箱推しにしかなれへんかった…

この子!!ってゆうこが出来ひんと、グッーーってそこにのめりこめへんかってん…

かわいい~っでおわってしまって…』
『そう言えば…○ブチそうやったな~』とボソボソ…
それ……………わかる気する…
って妙に納得して…
わたしもひょんなことから?にドはまり。
?がいなかったら、ガッセを知ろうなんてこれっぽちもなかったから…
たくさんきれいな子や魅力的なグループがこのケーポの世界にいるけど
絶対的惚れ込める推しがいない限り…
『あ~このグループ好き~?』
でおわるんだろうな…って。
『歌はすきやねんけどね~』みたいな感覚??
だから、
『全員好き?っ』て言いきれる人ってすごい??
っておもうし
箱推しがたくさんいる人も凄い??って思う。
そうおもうと…
NCTへの想いはまだまだ。
ここへのキモチは不思議で
グループはすっごい好き

応援は絶対したい
でもそのなかに
?くらいはまれる子にまだ出会えてないのだ。
ゆうたなんて、まだまだお気に入りの段階なんかな…
ガッセは?からはいった。
NCTはグループからはいった。
まだ箱推しの段階…
オンニがゆったみたいに
箱推しでおわっちゃう可能性も大!ってことで…
ん…難しい…。がぁ!!っといけるなにか…だからそれが一目惚れか…




あれもこれも
同じくらいのエネルギーで好きになれへんから。
いままで
ガッセに全エネルギーを注いできたから
それをもっと軽くすればいいねんなぁ…メモメモ





どの子もかわいい
じゃまだまだなんだろうな~
うーん
オタッてふかい
堕ちる


って感覚

そう頻繁にあるもんじゃないんだな~


って


このごろ実感してる。



ウォール街が選んだすきやの10個の原則

文化庁の仕事が終わった。
もうへとへとになって帰宅。
近くのスーパーで牛肉を買ってすきやきを食べ酒を飲んだ。
今日はもう仕事はできない。
はやすぎるけれどブログをアップしたら眠ります。
明日は4時には起床し明日期限の編集をし都内に納品し
法典の湯という一日になるでしょう。
ともかく今は疲れているのでかいつまむように記して
終わることにします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「関越高速道路」
長らく僕は左車線のみ法定速度で走るという運転を
していたのだけれどもいつのまにやら追い越し車線に
たまに路線変更したりするようになっていた。
昔にもどって左車線を法廷速度で走ることにした。
急いだってそんなにかわらないし、これからも
安全運転でいきたい。
そう、今日は撤収なので車で向かったのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「本日のお弁当」
9日間のワークショップ。最終日はおむすび、ゆでたまご、
漬物、味噌汁(写真撮らず)。

船橋市場・海老の尾崎の銀鮭カマを焼きたっぷりと
つかったおむすび。
漬物は船橋西武地下で買った奈良漬と船橋大神宮近くの
杉岩商店のあさり佃煮。

おにぎりと言うと最近の子供たちは工場で機械が作った
コンビニのおにぎりを思い浮かべるのではないかしら。
食育インストラクターの資格を取得した僕ですが、
この資格は服部幸應さんが作った資格です。
だいたい年に一度は服部幸應先生の講演会に出席
しているのだけれどもコンビニのおにぎりが添加物
まみれであることを指摘しています。
リン酸塩という添加物が加わっており、おにぎりが
冷えてもパサパサにならない効果があるのだけれども
製造段階で使われているので食品表示されていないのです。
リン酸塩はカルシウムと結びつく薬品なので骨をとかして
しまうと服部さんは言います。
子供の頃からコンビニのおにぎりを食べていると大人に
なって骨がボロボロになってしまうのだと警鐘を鳴らして
いるのです。
僕たちが子供の頃にはコンビニがなかったし機械が
作ったおにぎりなんて食べたことはないし、
ましてや添加物をくわえて握ったなんてこともなかった
ですよネ。
学校で遠足があるとどこの家もおむすび、ゆでたまご、
たくあんなんてのが多かったですよ。
もちろんお母さんが朝に握ったおにぎり。
我が家は父がお米にこだわりがあったので
茨城の農家さんがわざわざ関町まで新米を届けに
きてくれていたのです。
父は新米を味わい、ことしはねばりがつよいとか、
甘味があるとか、いろいろ言ってたことを今も
思いだします。
実は今日のおむすびは偶然に茨城産のお米を使っているのです。
地元知り合いの農家さんのお米がなかったから茨城のお米を
買った。
もちろん精米してもらって、精米したばかりのお米です。
お弁当も結局、誰でも作れるこんな簡単なものが一番
美味しいのかなあと思いました。
9日間、お弁当を作ってワークショップの現場まで行った
わけだけれども、お子さんがいるお母さんはたいへんだなあと
思いました。
自分は趣味で普段はやっていないお弁当作りをたのしんだわけだ
けれどもお子さんがいるお母さんは毎日作らなければならない。
手抜きのお弁当を作っても子供がかわいそうだし、子供が喜ぶ
ものを作っているはずです。
でも服部校長も言っていたけれど、子供の頃にお母さんがちゃんと
作ってくれたものを食べていて、「おふくろの味」があるって
いうのはほんとうによいことだと。
コンビニ食品や冷凍食品をただ持たせると「おふくろの味」
はないわけで、大人になると自分にはおふくろの味が
ないと残念に思うのですよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「ニシジマ」
電車で西荻窪に通う最終日はニシジマでコロッケとメンチを
買い、缶ビール片手オヤヂ。

ニシジマととらやと有名老舗肉店がある西荻窪だけれども
僕は断然とらや派。
しかし今回あらためてニシジマのコロッケを味わってみると
衣のがっしりとしてサクサクしている食感がよく、
これはええわいと感動したネ。
メンチも昔ながらのナツメグをきかせた懐かしい味で、
ビールがすすんだ。
ニシジマもとらやも、あつかっているものによって
違うわけだから、美味しいと思ったほうを両方で
買うっていうのがいいかもネ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「レインボー」
関越を降りたときに大きな虹がかかっているのが
見えた。

帰宅し機材を降ろしいろいろとやっていたけれど
まだ虹は消えていなかった。
駅から2分くらいのところにある賃貸マンションの5階に
住んでいる僕。
5階から下をみるとみなさんスマホを空にむけて
撮影したり、大きいネなどと話していた。
ナルシストみたいで恥ずかしいのだけれども
9日間を終えた僕へ神様が祝福してくれているのかしらって
思ってみたり。
イギリスからドラマ教育の権威ケネス・テイラー氏を迎え
7年前にスタートしたエデュケーション・ワークショップ
だけれども公式記録を7年担当させていただいたこと、
劇団朋友には感謝であります。
このワークショップから文化庁は動き、学校教育に
ドラマ教育を取り入れるようになったのであります。
ここに来て特に大学教育でドラマ教育が求められていると
いうことで受講者には大学教授が多く、これから大学で
ドラマ教育がどんどんと取り入れられていくことでしょう。
なんだかまた酒がはいって長くなってしまったけれど
これはこれで推敲したり・・・誤字脱字を訂正したり
することなく・・・このままアップし就寝とします。
すみませんです・・・
長たらしい日記で。
西荻日記・・・これにて筆を置きます。

PR

コメントは受け付けていません。